普通の少年

奔放な一人の少年が
髪まで真っ赤に染め上げて
どうしようもなくつまらないことを
聞こうとして いまはじめて名前を呼ぶ

奔放な一人の少年が
朝日の廊下に 上目遣いで
どうしようもなく不安に震え
おずおずと いまはじめて名前を呼ぶ

もう一人の少年は
たやすく声を理解して なにも聞かずに理解して
即断 その忌まわしき判決は
少年の口唇に薔薇を刺す

もう一人の少年は
落ちている本を見るような 引き攣った口角で
曖昧な返事のうちに 少年を置き
呪われた教室へ後ずさる

薔薇を刺された少年は
とぼとぼ家路に着きながら 夕闇の前の
蜘蛛の巣だらけの公園で 同じく薔薇で口を聞けぬ
少年たちと排泄する

薔薇を刺された少年は
わけがわからぬ 無言の有刺鉄線に
ぐるり囲まれた公園で 腐りはじめた傷跡の
血糊を舐めて眼を濡らす

腐臭ただよう公園に ぽたりと落ちた赤い血を
せっせと浄める老婆やら 呪詛をきわめる老爺やら
何ももたない 愛してやるべき息子らを
地獄のホールへ 押しやるものども

腐臭ただよう公園に 奔放な一人の少年を
夕焼色に染め尽くす 腐爛した悪の形式よ
戦争のように陳腐な 嬌笑の神への道よ
ああ 海潮の轟音よ 背筋の曲がった傘よ

新しいコメントの投稿

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

書式オプションに関するより詳しい情報...

Type the characters you see in this picture. (verify using audio)
Type the characters you see in the picture above; if you can't read them, submit the form and a new image will be generated. Not case sensitive.